やっと夢にまで見たワーキングホリデーに出発!
「でもちょっと待って、海外旅行保険って一体なんなの・・・?」
海外旅行も海外生活も経験がないから、わからないことや不安なことばかり。
もちろん、ワーキングホリデー保険についてはチンプンカンプン(泣)
でも大丈夫!僕もまったく知りませんでしたから。
当ウェブサイトは、これからワーホリに出かけるあなたのための、
「3分で読める!」ワーキングホリデー保険のちょこっとアドバイスページです。

ワーキングホリデー保険って?

そもそも、「ワーキングホリデー保険」ってなんだろう?
疑問に思ったらインターネットで即検索!すると、「ワーキングホリデイ保険」というのは、損保会社が提供する「海外旅行保険」とか「海外旅行傷害保険」と呼ばれるものの中で、
ワーホリ渡航者を限定したオリジナルプランを「ワーキングホリデー保険」と呼んでいたのです。

どんな損保会社があるの?

「どこの保険会社がワーキングホリデー保険を提供しているのだろう?」
ちょっとでも安くて補償が充実した保険会社を探そうと、またまた検索!
すると、どうやらワーホリ保険に強い損保会社は、「三井住友海上」・「AIU」・「ジェイアイ」と判明。

ワーキングホリデー保険って強制加入?

「ワーキングホリデー保険って、絶対加入しないといけないの?加入しないのもアリ?」
「渡航後も何かとお金がかかるし、少しでも費用を抑えておきたいし・・・できれば入りたくない!」

と思っているあなたは僕と同じです。だって年間十万を超える出費はかなり痛い(泣)
と散々悩んでいた僕も、結局は約15万円の保険料を支払いワーキングホリデー保険に加入しました。

ワーキングホリデー保険、入って良かった?

「ワーキングホリデー保険に加入して良かったの?ホントのこと教えて!」

やはり安心を買うという意味合いが強いと感じました。
「何かあっても大丈夫」と、「何かあったら困る」では、精神的な面で相当な差が生じると思います。

僕の場合、オーストラリア滞在中に高熱を出したり、フルーツピッキングで農薬にやられて咳が止まらなくなったり、目の中に入った小さな石が取れなくなったりで、何度も病院のお世話になりました。
もし、ワーキングホリデー保険に加入していなかったら何かと大変だったと思います。

どの保険会社が一番いいの?

「結局、どの保険会社のどんなプランが一番おすすめ?」

これはワーキングホリデー渡航期間や希望する補償内容によって変わってきます。
いずれの場合にしても、ワーキングホリデー保険を選ぶにあたっては・・・

   1.自分に必要な補償プランを決める
   2.各保険会社で見積もりを出してもらう
   3.補償内容と見積もりを比較して、条件の良い保険会社を選択する

この3つがワーキングホリデー保険を選ぶ大事なポイントです。
でも・・・複数の保険会社に一社一社見積もりを依頼するのは大変!

「とても気が引けませんか?」
僕は資料請求後、各社からの営業電話にホトホト疲れ果てました><

でも、便利なウェブサイトも探せばあるものです。
うるさい営業電話もありませんし、細かなご質問・ご要望にはメールで対応してくれます。

※僕の1年間のワーホリ体験サイト → http://australiawh.1overseas.com/

Copyright 2007 どのワーホリ保険がお得?ワーキングホリデー用の海外旅行保険を比較 All rights reserved.