スチーム掃除機

スチームモップやハンディ式スチームクリーナーは重い。スチーム掃除機はキャニスター式の一択

とにかく重いスチーム掃除機

使ってみなければ分からないスチームクリーナの不便さというものがあります。その代表的な不便さが、「重い」ということ。

重さを気にしなくても使えるスチームクリーナはキャニスター式と呼ばれる形状のものです。掃除機のようにキャスターのついた本体があり、そこから長いノズルが出ているタイプのもの。

その他のハンディタイプやモップタイプのスチーム掃除機の場合は水を入れなければ使えませんから、水の分の重さがどうしても腕にかかってしまいます。

これらの重いタイプのクリーナは大した量の水は入りませんから、初めはそれほど重さも気にならないのですが、掃除をしているうちに徐々に腕や腰に負担がかかっていくのです。

あらゆる情報が飛び交うネットの世界ですが、スチームクリーナはキャニスター式のものが一番使いやすいという情報だけは信憑性のある事実なのです。

詳細:スチームクリーナーって便利そう!でも、通販で購入して後悔している人が多いです

すぐスチームが切れてしまう

キャニスター式のものが一番使いやすいと言われる所以は、重さの問題だけではありません。

ハンディタイプやモップタイプのスチーム掃除機は入れられる水の量が限られているので、スチームを放出できる時間が大変短いのです。

また、高温のスチームを出すためには加熱装置が必要です。

最も高温のスチームを出せるのはボイラー式という、密閉された給水タンクの中で水を沸騰させ圧力を高める方法だと言われています。

ハンディタイプやモップタイプのスチーム掃除機ではこの加圧方式は行われないため、不十分な温度のスチームになってしまいます。

その分、これらはスチームが噴出するまでの時間が短い(約30秒)という利点があるのですが、「温度が低い≒洗浄能力が低い」ことでもありますし、なおかつ大した量も入らないのであればスチームが切れるのも非常に早いのです。

スチームクリーナはキャニスター式を

もし、スチームクリーナをどれにしようか迷っているのであれば、迷わずキャニスター式のものにしましょう。

それ以外の形状ですと、構造上腕に負担がかかりやすく、洗浄能力も不十分で、なおかつスチームが切れるのも早いです。ということは、お掃除がなかなか思うように進まないということ。

キャニスタータイプは、他の形状のものよりかさばりやすいのと、スチームが出るまでに数分の待機時間が必要だというデメリットはあります。

しかし、重さは感じなくて良いし、優れた洗浄力でしっかりお掃除できる形はキャニスター式のみ。

では、キャニスター式のスチームクリーナの中でどの製品を選べば良いのでしょうか?

おすすめなのは、「スチームファースト」です。あれこれ考えられた便利なスチームクリーナは家じゅうあちこちに使えるもの。

そのために必要なものは、各所のお掃除をサポートするアタッチメントに、ガンコな汚れを落とせる専用洗剤。

というのも、実際に使ってみるとキャニスター式のものでさえうまく汚れにフィットせず掃除しにくいところがあったり、カーペットや車の中などは濡れすぎて使うのに抵抗があったりというケースもあるのです。

さらに、本当にガンコなものは高温のスチームだけではどうしても満足に落ちないこともある。それらの汚れまでカバーできてこそのスチームクリーナなのですが、サポートアイテムが不十分で宝の持ち腐れとなっているものもあるのです。

スチームファーストほど周辺のサポートアイテムが充実しているものが他にありません。ですので、おすすめを1つ挙げるとすれば、スチームファーストというスチームクリーナとなるのです。

スチームモップは絨毯でも効果を発揮する

シャークとかケルヒャーとか色んなメーカーからスチームモップが販売されてまして、けっこう買って持ってるという人も多いんじゃないかと思います。

お手頃なものだとアイリスオーヤマなんかは1万円もしないで買えちゃいますから、お試し的にはいいのかもしれませんね。スチームモップってフローリングの床がキレイになるというのが1番の売りポイントなんでしょうが、我が家はフローリングだとどうしても足元が寒く感じるので、全部の部屋に絨毯を敷いてしまってます。

なので使えないのかな~なんて思ったら、なんと絨毯も大丈夫なんですね。

でも、スチームといえば蒸気ですから、湿っぽくなったりしないのかが気になるところです。使用者の使用体験談やレビューなどを見ている限り、絨毯のべたつきが取れて、ふわっとする感じがするというものが多かったです。

そして、高温のスチームモップだからか、絨毯はさほど湿っぽい感じにはならないみたいです。絨毯でも効果を発揮しちゃうなんてすごいですし、興味がさらにわいてきちゃいますよね。

でも、フローリングとは違って絨毯は、繊維なので、その繊維の奥の奥まで入った汚れは落とせず残ってしまうという欠点があるみたいです。掃除機で掃除をした後にスチームモップをかけるとかなりキレイになるみたいですが、それはちょっと手間かな~って思ったりしちゃいますね。

手間を惜しんだらキレイになんてならないですから、そこは諦めるしかないですかね。でも、べたつきがとれて絨毯がふわっとするというのはかなり魅力的ですね。

スチームモップを買う時はしっかり比較検討

ここ数年、凄い勢いでスチームモップが売れに売れてますよね。それもあってかたくさんのメーカーから幅広い種類のものが販売されてます。

でも、いざ買うぞ!という時には、ちょっと一手間ではありますけど、各メーカーから販売されているスチームモップをしっかりと比較検討してからの方が良さそうです。

基本的には掃除機と同じように腕を使って動かすものですから、本体の重量は重要なポイントになってくるかと思います。どんなに性能が良くても、重量が重いと使用時間や頻度にもよりますが、あちこちに使うのは腕が疲れてしまいますからね。

スチームの強弱というのも1つのポイントになりますよね。あまり弱くても汚れを落とせないですし、強すぎても使う対象物にダメージを与えてしまいそうですから。最近だと強弱をボタン1つで切り替えられるものもあるみたいです。

そして、実際買うとなったら1番気になるのはお値段でしょうか。価格帯は5千円くらいのものから云万円もするようなものまで、機能やメーカーによって様々になってきます。

ハンディタイプのスチームモップだとかなりお値段は抑えられますが、用途は完全に限られてしまいますし、スティックタイプのものだと大きさによっては収納場所に困ることも出てくるかと思います。

自分が何に使いたいのか、どう使いたいのか、それをしっかりと踏まえた上で、今挙げたようなポイントをトータルして、理想に近いものを買うのが失敗しないコツかなって思います。

スチームモップのランキングをチェック

スチームモップとかスチームクリーナーって最近、物凄く売れてますし、話題にもなってますよね。そういうのを見たり聞いたりしてると、なんとなく興味がわいてきて、ついつい欲しくなってしまったりしますよね。

でも実際に購入する際には、売れ筋のランキングなどをチェックしてからがいいかと思います。初心者は特に、使い勝手や性能、使用可能時間や重量、取扱いや消耗品の対応など、最初に知っておいた方がいいことって多いと思いますしね。

値段の安いものもたくさんありますけど、すぐに壊れたとか使い勝手が悪いとか色々と問題も多いみたいですから、使用者さんの感想や口コミなどの評価とか、実際に売れているスチームモップやクリーナーのランキングを見てみて、総合的に判断した方がいいんじゃないかなって思います。

実際、ランキングもそうですけど、口コミなどを見ていると、何でもそうですけど賛否両論あって、それぞれの良い面悪い面が見えてくるような気がしますから。

楽天とかヤフーとか価格コムとか色々なところで実際の販売台数や価格でのランキングは簡単に見れますし、ネットで検索しちゃえば、使用者さん達の評価なんかも簡単に見ることができます。

そういうツールを上手く使って、せっかくある程度のお金を出して買うんですから、失敗しない買い物ができる方が断然嬉しいですよね。

HOMEへ戻る